正しい薄毛の原因を知りたいならAGAクリニックへ

クリニック 男性の薄毛は、生え際から頭頂部までの範囲に集中しており、側頭部や後頭部まで薄くなってしまっているような状態はほとんどありません。
これは、AGAという症状の特徴で、原因物質のDHTの作用により特定の部位だけのヘアサイクルが狂わされてしまい、太く長く成長することなく抜けてしまうからです。
ちなみに、日本人男性におけるAGAの発症率は全体の約30パーセントで、思春期以降に徐々に進行します。
世代別に見た発症率は、20代10パーセント、30代20パーセント、40代30パーセント、50代以降は40数パーセントと年齢を重ねるにつれて高くなっていきます。つまり、AGAは老化現象の一種ということになります。
なお、髪の毛は漢方では血の余りと表現されているように、生きていくうえで必要な栄養素を使用した残りの部分により構成されています。
このために、髪の毛が全て抜けてしまったとしても健康状態が悪化するということはありません。
ただし、一方で髪の毛は見た目の決め手となるポイントとしての役割も担っています。このために、フサフサした状態が好感度を高めるのに寄与するのに対して、薄毛になった場合はイメージの低下につながります。
しかもAGAの場合は、特定の部分だけが集中して薄毛になるので、髪の毛が残っている部分とのコントラストによりかえって強調されることになります。
このために、進行するほど見た目はグロテスクになるので、女性からの評価はかなり厳しいものとなってしまいます。
このような事態になることを防ぐためには、クリニックで専門家に任せるのが適当です。
すでに、原因物質のDHTの生産に関与しているII型5α-reductaseという還元酵素の活性を阻害するという内服薬が開発されており、薄毛の進行を高確率で止めることが可能です。
ちなみに、この内服薬は2005年に厚生労働省から承認されており、AGA外来を用意しているクリニックで処方されています。

専門家が見てくれる薄毛チェック項目とは

飲む育毛剤とも呼ばれているAGA専用の内服薬は、髪の毛に対しての直接的な作用はありません。このために、AGA以外の薄毛に対しては効き目は全くないので、処方する際には検査が行われることになります。
その内容はというと、いくつかの項目を調べるという薄毛チェックで、AGAかどうかをある程度判断することが出来ます。
具体的な薄毛チェックの項目は、年齢・薄毛が発症した時期・薄毛の部位・抜け毛の状態・家族や親族に薄毛がいるかなどです。
これらを問診やアンケートにより調べた後に、AGAであると判断されれば内服薬の処方、疑わしい場合はさらに専門的な検査が行われます。
ちなみに、AGAは日本人の場合は、20代の後半から30代にかけての時期に著明となります。
そして、薄毛の部位は前述したように生え際から頭頂部までの範囲で、ヘアサイクルが狂わされているために短い毛や細い毛が抜け毛の大部分を占めるようになります。
なお、AGAの発症に関与しているDHTは、男性の性器の成長をサポートするなど本来は性機能に関わっている物質です。
このために、全ての人の体内に存在しているのですが、薄毛になる人とならない人とに分かれてしまいます。これは、毛乳頭細胞の受容体のDHTに対しての感受性は個人差があるからです。
AGAが発症するのは、受容体が良好な場合で、母方の祖父から受け継ぐと考えられています。このために、母親の兄弟や自身の兄弟が薄毛の場合はAGAである確率は高くなります。
このような薄毛チェックに加えて、クリニックでは専門家による問診や視診が実施されます。これらの検査によりAGAが見逃されるようなことはないので、薄毛が不安な場合はまずは診てもらうのが適当です。