薄毛に気づいていない人には言うのがベストな対応

薄毛は多くの男性が悩まされ、何とかしようと色々な努力や工夫を行っているものです。
しかしそういった努力や工夫を始めようと思うためには、まず自分がその状態になってしまっていることに気付く必要があるため、本来であれば何らかの対応を取るべき男性でも、何もしないまま放置しているということは、決して珍しくはありません。
ただ薄毛は放置している間に改善することはまずないと言えますし、放っておくと段々と髪の毛が抜け落ちて行って、進行してしまう恐れが大きいものです。
なので、できるだけ早くそのことを認識して、適切な対応を取り始めることが望ましいでしょう。
薄毛に対する特に効果的な対策は専門のクリニックでの薄毛治療だと言えるのですが、その対策もできるだけ早く始めるに越したことはありません。
自分が薄毛になってきていると気づくためには、鏡に向かって自分の頭の状態をしっかりと見ているかどうかが大きく関わってきますが、仕事などに追われてそこまできちんと頭の状態を見ることがないという人もいるでしょう。
また頭の前の部分、額の生え際から髪の毛が薄くなってきているのであれば、髪の毛をあげて鏡を見ると気づきやすいのですが、頭頂部から薄くなってきている場合には、特に気づきにくいと考えられます。
そのように本人が薄毛に気づいていない場合でも、身近な人間がそれに気づいているということは少なくないでしょう。
例えば家族のようにいつも顔を合わせている人が、向かい合わせで会話している時に額の生え際の後退に気づいたり、本人が座っている後ろを通りかかった時に、頭頂部が薄くなってきていることに気づいたりと、本人以上に薄毛について認識する機会は多いと言えます。
本人が薄毛に気づいていないのに、例え家族のように親しい間柄であったとしても、そのことを口に出して言うのは抵抗があるという人もいるかも知れません。
しかしその時はショックを受けたとしても、薄毛であることに早く気づく方が、本人のためになることは間違いないと言えるでしょう。
たとえ一時的に傷ついたとしても、それがベストな選択となります。

彼氏に傷つけずに薄毛治療を勧める方法

ある男性が薄毛になってしまいつつあるのに、そのことについて自分では気づいていない場合に、誰かがそのことを言ってあげるのがベストであることは確かだとしても、それを言うのが彼女である場合には、その方法に気を付けるべきだと言えるでしょう。
男性は気心の知れた相手である家族に言われるよりも、恋愛感情を抱いている彼女に言われる方が、傷ついてしまう可能性が高いからです。
どのように言うと、より彼氏を傷つけずに済むのかを考えた方が良いのは、その後の二人の関係を考えると間違いないことだと言えます。
また彼氏が薄毛治療を始めてみようと前向きになれるかどうかについても、その勧め方が大きく関係して来るものと考えられます。
そのため彼氏を傷つけずに薄毛であることを気づかせ、さらに薄毛治療を勧める方法を考えることが肝心です。
その方法としてまず考えられるのは、最近髪の毛が薄くなって来たんじゃないのないの、といった感じで、軽い調子ですがストレートに薄毛を指摘し、こんな薄毛治療が今はあるらしいよ、といった感じで勧めるというやり方です。
あまり深刻な雰囲気を出してしまうと、そんなにひどいのかとショックを受けてしまう恐れがあるので、そうならないように軽く、また明るく伝えると良いでしょう。
また彼氏のことを愛しているということをまず前面に出して、自分は薄毛になっても気にしないけど、貴方にとっては薄毛が良くなった方が得じゃない、といった感じで治療を勧めるというやり方も考えられます。
自分が気にするからではなく、本人のためになるからという方向性から勧めると、あまり傷つかずに受け入れやすくなると考えられるからです。
そういったように口に出して言うことに抵抗感があるのであれば、まずは薄毛に効果があるとされる育毛剤などをプレゼントすることで、そのことに気づかせるという方法もあります。
本人が薄毛であると気づいたら、もっと効果があるのは薄毛治療だと促してあげるという流れです。